伊豆の香りぐり茶の杉山公式ホームページ

深蒸し茶製法のぐり茶専門店

トップページ | ぐり茶・店舗について | ぐり茶の飲み方【水出し茶編】

通信販売のポイントのサービス
通信販売の発送送料のサービス
通信販売ではAmazonPayと楽天とPayPay払いがご利用になれます
 

ぐり茶の淹れ方ぐり茶の形のイメージ

水出しで飲む

水出しでお茶を淹れる利点は、お湯で淹れるほど難しくありません。
苦みの原因である「カテキン」は、低い温度の場合は水に出づらいのが特徴。
そのため水で淹れると、お湯よりもまろやかな風味になります。

水出し茶

水出し茶を淹れるとき、専用の「フィルターインボトル」等の水出し容器を使われるのが便利です。
茶葉でもティーバッグでも水出し茶はできますので作り方をご紹介いたします。
 
尚、水出しに使う【水】はミネラルウォーター等の種類によりお茶の味が変わります。
これはお好みで試してみると面白いかもしれません。

ひも付きのティーバッグ商品 茶葉で水出し茶を淹れる

フィルターインボトルを利用すれば茶葉から水出し茶が作れます

水出し茶 茶葉1
ボトルに茶葉を10g~15g(750mlの場合)お好みの濃さで入れます。
水出し茶 茶葉2
ボトルにお水をお好みの量入れます。※ここでは750mlとします
冷蔵庫でじっくりと3時間~6時間冷やします。
お好みの味わいでお飲みください。※水出し茶の賞味は冷蔵で2日ほどです

ひも付きのティーバッグ商品 お手軽にティーバッグで淹れる

ティーバッグならマイボトルでも簡単に水出し茶が作れます

お好みに合わせティーバッグを入れます
750mlなら3個~4個
ボトルにお水をお好みの量入れます
※ここでは750mlとします
冷蔵庫でじっくりと
3時間~6時間冷やします。
お好みの濃さでお召し上がりください。
※水出し茶の賞味は冷蔵で2日ほどです

水出し茶は苦みが少ない

お子様にも喜ばれます

お茶に含まれるカフェイン(苦味成分)、カテキン(渋味成分)は、お湯の温度が高いと溶けやすい性質があり、60℃以上でグンッと溶けだします。つまり、水出しすると、カフェインが抑えられ、また苦味・渋味も抑えることができます。
そして、アミノ酸(旨味成分)を多く引き出すことができるので、お湯で淹れるよりも旨味をより強く感じていただけます。