伊豆の香りぐり茶の杉山公式ホームページ

深蒸し茶製法のぐり茶専門店

トップページ | ぐり茶・店舗について | ぐり茶の飲み方【急須編】

通信販売の発送送料のサービス
通信販売ではAmazonPayと楽天とPayPay払いがご利用になれます
 

ぐり茶の淹れ方ぐり茶の形のイメージ

お湯(ホット)で飲む

深蒸し製法のぐり茶は、茶葉が細かく含有成分が溶け出しやすいため、コツさえつかめば簡単に美味しく淹れることが出来ます。

【お湯】は完全沸騰させた時点でそのままグラグラと5分ほど沸騰させ続けます。
これは水道水を使った場合で、水道水のカルキを抜くためです。
天然水でしたら、沸騰したらOKです。

急須で飲むお茶 本格的に急須を使って茶葉で淹れる

急須に茶葉を5~8gお好みの濃さで入れます。
湯飲みにお湯を注ぎ分けて湯冷ましします。
湯冷まししたお湯を急須に注ぎ約30秒そのままにします。
急須に湯が残らないよう一滴残さず注ぎ分けます。

ひも付きのティーバッグ商品 お手軽にティーバッグで淹れる

完全沸騰したお湯をマグカップ(湯飲み)に注ぎます。
湯冷ましします。
適温になったらティーバッグを入れ茶葉が踊るよう上下させて下さい。
お好みの濃さでティーバッグを取り出して下さい。

美味しく入れるコツ

お湯の温度です

お茶を急須で淹れるとき、そそぐお湯の温度でお茶の味が変わります。
熱いお湯で淹れると渋みが出て、ぬるいお湯で淹れると旨味がはっきりでます。
弊社のぐり茶を淹れるときのベストなお湯の温度は70〜75℃!
…ですがいちいち温度計を使ってまでお茶を淹れるのは大変です。
簡単に適温にする方法は…
【沸騰したお湯1ℓに0.5ℓのお水を入れるとほぼ70度になる】
1000ccの水を沸騰させます。
そこに20度の水(蛇口からの水の温度が大体20度です)を500ccを加えれば約73度になります。