ティーバッグの通販

通販問合せ

通販受付TEL.0557-37-1202

通販受付FAX.0120-73-1249
お気軽にお問い合わせください!
メールお問い合わせ

新茶
ぐり茶の杉山 公式ブログ

休業 の日は、商品発送・お問い合わせ業務をお休みさせていただきます。

伊豆の「ぐり茶」は、関東圏から来客される観光客様を中心に
昭和四十年代頃から販売を始めたのがきっかけです。
伊豆でお茶を販売するなら静岡と変わったお茶を!
という意気込みで「ぐり茶」を地元・観光客様に大々的に売り込みました。
現在では、伊東市を中心に家庭内で愛されるお茶に発展し、
関東圏のお客様好みの味に進化を遂げました。

杉山のぐり茶とは

杉山のぐり茶は、生葉をじっくり時間をかけて茶葉の芯まで蒸す、「深蒸し茶製法」です。通常の煎茶との違いは荒茶製造工程で茶葉の形を整える精揉という工程がないのが特徴で、その結果、生葉を傷めず茶の成分が浸出し易く、渋みを抑えて茶本来の味を引き出すことが出来ます。

ぐり茶の「ぐり」とは、堆朱(ついしゅ)等の模様の唐草または渦のような形(茶葉がよじれている形)の称から付けられました。正式名称では蒸し製玉緑茶と言います。
茶葉がよじれるのは荒茶製造工程にあります→詳細はブログで!
弊社では茶品種にこだわり、やぶきた、さえみどり、ゆたかみどりをバランスよくブレンド配合し、味の奥豊かさを作り上げております。

What is Guri-cha?

"Guricha of Sugiyama" is produced by steaming green tea leaves deeply into the core and slowly for a long time. It is distinguish from the conventional type of "sencha (refined green tea)" by its elimination of the final kneading and leaf-reshaping process during the production of "aracha (unrefined tea)." It prevents fresh leaves from degradation, and thus extracts a greater amount of green tea components coming out from leaves. This unique production method can contain rich-bitter taste of the taste and preserve the essential flavor of green tea.

"Guricha or Guri-tea" is named from its shape similar to "guri" which represents the pattern of elaborately-coated red lacquer ware, or the whirlpool-like arabesque design. The official name of the product is steamed rounded green tea.

深蒸し茶製法とは

「摘み取った生茶葉を蒸す」という【生葉を蒸す】工程は日本茶独特のものです。
これを殺青(さっせい)と呼びます。
殺青とは、生葉を加熱して葉の成分がそれ以上変化しないように酸化酵素やその他の酵素の働きを止めることです。
これを行わず発酵・萎凋(いちょう)させたものが烏龍茶や紅茶となります。
この生葉を蒸す時間、つまり生葉に蒸気をあてる時間によって深蒸し茶になるかどうかが決まります。
深蒸し茶:60秒〜120秒
普通蒸し茶:30秒〜40秒
大きく分けると上記が蒸し時間です。 長い時間蒸せば、茶葉の芯まで蒸しあがり茶の成分が出やすくなりますが茶葉の形は粉っぽい形状に出来上がります。 短い時間ですと、形状は針のような綺麗なお茶が出来ますがお茶の成分は浸出されにくくなります。
深蒸し茶の製法について→ブログ参照

ぐり茶の名称の由来

正式には【蒸し製玉緑茶】と言いますが外観の丸い感じから『ぐり茶』と呼ばれています。
この『ぐり茶』という呼び方は伊豆地方独特のものです。
それが近年全国各地にこの名称が広まり一般的名称になりました。
また、九州では釜炒り製の玉緑茶と区別するため【蒸しぐり】とも呼んでいます。

ぐり茶の誕生の歴史

『ぐり茶』の誕生は1930年頃。
ソヴィエト連邦(現ロシア)へ輸出を図るため嗜好を合わせた製茶技術の開発が行われ、
その結果釜炒りであった中国茶と外観がよく似ていてしかも苦味を減少させるために
従来の茶よりも蒸し時間を長くし釜炒り茶のように見える丸い形に仕上がるようにしました。
この『ぐり茶』はソ連に受け入れられて輸出がどんどん伸びました。
その後、北アフリカ、中央アジア等への輸出向けとして作られ続けたお茶が、
輸出が衰退すると共に、国内に向けられるようになったものです。
以上が『ぐり茶』誕生の背景です。

更に細かい詳細は「ぐり茶の杉山公式ブログ」で掲載中
【ブログ】ぐり茶の由来・誕生の歴史

【ぐり茶の杉山】お茶のブレンドマイスターが味を決める

味を決めるブレンド

ぐり茶の杉山の「ぐり茶」の味の奥深さはブレンドすることで産み出されています。
全国のお茶の集積地、静岡市の静岡茶市場を中心に新茶入荷シーズンは自ら足を運び、自らの目・舌・鼻で原料を吟味し仕入を行うことでこのブレンドが実現できます。
毎年、生産されるお茶の特性は天候に左右される為に均一ではありません。
そのため、お茶の原料仕入時に熟練した目利きが必要になるのです。


基本的に当社では、静岡・鹿児島・宮崎の茶産地を基本にブレンドして味を作っています。
上級一番茶にはさらに熊本産のぐり茶もブレンドします。
もちろん、静岡産のぐり茶も生産仕入していますので単一産地のぐり茶としてご提供することも可能です。

何故ブレンドするのか?

答えは簡単です。飽きない味・安定した味・価格以上の価値を提供すること。
単一産地を販売するなら農家直販で事足ります。
ですが、味を追求して年間ご家庭内で飲み飽きないお茶、安定した味を提供するにブレンドは欠かさせないメーカーとしてのプライドがあります。

上記の写真は、静岡産・鹿児島産・熊本産・宮崎産のぐり茶を各3トンブレンドしたサンプルです。
?各産地でさらにブレンド?
そうです。静岡産と言っても、当社では掛川・島田・牧之原等の茶葉を使用したぐり茶を使っています。
ですので上記写真の4産地でも、1産地当たり最低でも4つの荒茶工場の原料。しかも毎日微妙に品質が違う茶葉まで含めると30種類以上の原料をブレンドしています。

それが4産地ですので…30種×4産地=120種類のぐり茶原料をブレンドするのです。

■静岡産の味の特徴は、香気があり1煎目・2煎目も平均的に美味しく飲めるがのど越しがさっぱり。
■鹿児島産は、味がどっしりして口の中に余韻が広がりお茶の色が綺麗。
■熊本産は、味が濃いが後味すっきり。
■宮崎産は、甘味が強く香りがある。

…というように各産地で味の特徴が異なります。
異なった味をブレンドしていくと奥深い、当社の【ぐり茶】が出来上がるのです。

ぐり茶の杉山の産地

弊社のぐり茶は純粋な「伊豆産」ではございません。
良質な原料はやはり茶産地の
静岡(島田市・牧之原市・掛川市・沼津市)、
鹿児島(南九州市)、
宮崎(児湯郡)の契約農家から供給して頂いております。
ブログで生産農家さんをご紹介!
お茶のブレンドについて

原料は全て、各契約農家さんから弊社の併設工場に直送され、1年を通じて新鮮な味がお客様にご提供できますよう、マイナス25度の低温冷蔵庫に保管されます。
工場直送の高品質な「ぐり茶」を是非ご堪能下さい。ぐり茶の杉山契約農家 静岡県 伊久美

静岡県島田市 伊久美 西本和弘父親の代からぐり茶を作り30年以上が経ちます。
研究により、ようやく今のぐり茶に辿り着きました。
特に爽やかな味と、水色にこだわって製造しております。
栽培については、山のお茶らしく昔ながらの方法で、
土作りを重んじ深耕と敷き草は欠かせません。

静岡県牧の原市 相良 永田基記気温や湿度とその日の天候状況により、
できあがった製品に差が出るため微妙な調整が必要です。
また、摘採後の生葉管理にも気を使っています。
製造中は休む暇もなく昼夜徹底した管理を行い、
一生懸命努力しています。

児島南九州市 指宿頴娃 新原秀光おいしいお茶を提供するのはもちろんですが、
できるだけ農薬の使用を抑え、消費者の皆様が安心して飲める
お茶づくりをしています。
今後も安心して飲んで頂けるおいしいお茶ができるように、
努力していきます。

宮崎 児湯 高正寿久二番茶の収穫が終わると同時に、
来年の一番茶の芽が出る枝の選択から茶園管理が始まります。
土の中の微生物を殺さず、茶の木にも土にも優しく、
肥料は微生物が分解し、茶の芽一本一本に十分栄養が
行き届くような茶の芽作りをしています。

ぐり茶の杉山の生産農家さんは、静岡・宮崎・鹿児島で各農家さんの独自の個性を出した『ぐり茶』を生産していただいています。
そしてこの各産地の『ぐり茶』を当社独自のブレンド配合で奥行きのある飲み続けても飽きの来ない味わいに仕上げています。

ぐり茶の製造工程

ぐり茶が、生葉から、お客様のお手元に届くまで、様々な工程を経ています。
知っていそうで知らない製茶業の加工過程を簡単にご紹介します。
資料協力:株式会社 山益製作所 茶園製造工場資料:杉山製茶契約農家(静岡県伊久美)

荒茶工程

荒茶とは積み立ての生葉を蒸気で加熱し乾燥しただけで精製していないお茶

茶葉を摘み取る

4月中旬〜6月下旬にかけてお茶の新芽を摘み取ります。

茶葉を蒸す

摘みたての葉を100度の蒸気で90秒から120秒かけて蒸します。
こうすることで発酵を防ぎます。

揉む 粗揉(そじゅう)

熱風を当てながら葉を揉みます。
このようにして、水分を少しずつ飛ばしていきます。

揉む 揉捻(じゅうねん)

お茶の葉に力を加えて揉みます。
水分が均一になるようにします。

揉む 中揉(ちゅうじゅう)

お茶の葉に力を加えて揉みます。
水分が均一になるようにします。

乾燥 再乾(さいかん)

遠心力を利用し、葉を70℃位で半乾燥させながらぐり茶の形を作ります。
※ぐり茶だけの工程です。

乾燥

遠心力を利用し、葉を70℃位で半乾燥させながらぐり茶の形を作ります。
※ぐり茶だけの工程です。

仕上工程

仕上とは大きさ形が不揃いな荒茶を均一に揃え、火入れ加工し香りをつける作業

仕上 篩い分け

茶葉の大きさを分ける為に、篩にかけます。

仕上 切断

摘大きさを分けたら、長短をそろえるために専用カッターで切断します。

仕上 選別

ケバ(フワフワしたもの)や茎(棒茶)、異物を取り除きます。

仕上 火入れ

ここでしっかりと火入れ乾燥させます。味と香りの決め手となる作業です。

仕上 合組(ブレンド)

自のぐり茶の味を出すため、茶葉をブレンドします。

袋詰め 出荷

最後にもう一度異物除去し、機会で袋詰めして出荷します。